作品を形にするとき、私はいわゆるデッサンをしません。

文章や詩など文字によってデッサンの様なものをしています。

個展ごとに文章と作品をあわせた作品集を作るようになりました。

一つ一つ作品の写真も撮っています。

 

画像をクリックすると内容をphtobackのページで見ることができます。

 

「朔をハコに入れる」

 

ハコをなくす

 

  反古にした約束や

  拾い損ねた子猫の目の色

  

  暮れていく空は

  なくしたものを

  蒼く晒して

  夜になっていく

            

「daiary」

6/2

   青い空のような服をかう。

8/18

  人のいい笑顔が時々苦しくなるのだと

  別れ際にいいかけて飲み込んだ。

  後悔するのがこわくて。

 

10/1

  どうしてもみつからなかった

  鍵がでてくる。

  コートのポケットから。

  もうつかうことはない。  

                     

 

 

 

「夢と現の岸辺から」

 

  深い森をぬけると、彼は静かにそこにたたずんでいた。

  その森の色を吸い込んだような瞳を向けて私に言った。

 

  「やっと会えましたね。」と。

 

  目が覚めて、ぼんやりしたまま散歩に出ると

子猫が捨てられているのを見つけた。

 

  彼と同じ瞳の色の小さな小さな子猫を私は抱き上げた。

 

  私はその後、愛情深い彼と長い時間を過ごすことになった。

 

                    

「そこはいつもすこし風が吹いている」

 

鳴く鳥の 名前は知らない

 

ここに咲く 小さな赤い花の名も

 

手を繫いだ その日

 

はじめて

 

あなたの 名前を聞いた

 

かかった

「灯り守のはなし」

 

森に

 

石を一つ放ち

 

旅に出る

 

 

またここに

 

帰るため