新潟県の北の方のにある静かな里山で制作しています。

オブジェと日常雑器が中心です。

 

工房で釉薬の灰を漉しながら、窯を焚きながら、土を捏ねながら

雨の音、雪のにおい、月明かりのなかの木々の葉擦れ、ケモノの足音...

そんな自然の美しい音や色を感じています。

 

 

 

 平野照子